フクといつまでも・・・

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

フクちゃん、この狭い空間の生活を受け入れてくれてありがとう。

猫の白血病・エイズ ウイルス感染について

<

 フクが白血病エイズ共に感染していると

判り、当時の私は知識がなく

絶望的になり泣いてばかりだった。

最初に診せた病院での見解だけで判断して

いたが、少し冷静になりネットで色々

調べ始めた。でも、白血病に関しては

かなり厳しい記事も読み落ち込んだ。

そこで、知恵袋で質問してみたら

とても勇気をもらえる回答をして

下さった方がいて また、詳細に白血病

エイズの事を教えてもらい、前向きに

なれるきっかけを与えてもらった。

 感染していても 発症さえしなければ

感染した年齢にもよるが

寿命を全うできる猫もいるという事を知り

本当に救われた。

そのためにはストレスのない生活をさせる

というのが先ず絶対条件なのである。

だから、狭いゲージに入れての留守番が

とても 気になっていたが

そうせざるを得なかった。

 3軒目に訪れた病院が現在のかかりつけ

となり獣医さんも白血病に感染してても

元気な猫ちゃんいっぱいいますから

大丈夫ですよ。

と励ましてくださりここの病院が自宅から

遠くないし、猫に話かけてくれるし

質問とかもし易い。

 病院によっても野良猫感染症については

見解が違ったり余り詳しくない

所もあるそうなのでいろいろ尋ねて

まわることが必要とその知恵袋の

回答者さんは仰っていた。

 私の気持ちもだいぶ落ち着いてきて

とにかくストレスがかからない

生活を心掛けるように毎日過ごした。