フクといつまでも

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

猫の健康管理の難しさを実感する日々

 キャットフードを与える量を守る難しさ

 

私は猫のエサのやり方が下手というか、猫の要求をなるべく受け入れる為

つい与えすぎになり、結果肥満ネコになってしまう…泣

 

情けないほどダメな飼い主だ。

 

エサをもらえないストレスとか余計なことを考えてしまうという

間違った考え方をしていたから。

 

猫は自分で管理できないので人間がちゃんとしてあげないといけないのだ。

 

昨年天に召されたのんちゃんの場合も小さい頃から要求すれば与えて

いたので肥満になり、寿命を結果的に縮めてしまったのである。

 

先日テレビで23歳の健康な猫ちゃんを見て、自分がきちんと管理しきれて

ないことを改めて痛感した。

 

肥満が健康を大いに害すると分かっていながら、私はフクの場合でも

のんちゃんと同じ過ちを犯している

この現実・・・泣

 

何かあってからでは遅いと頭では分かっているが、ホント我ながら

情けなく、自分であきれる。

 

ペットフードに記載されている量をただ与えるのではなく、その猫の環境や

生活スタイルによって調整しなければならないと後になって気が付いた。

 

フクも記載されている量よりも少なめに与えていたがどんどん太っていった。

 

なんせ四畳半だから、運動不足になると明らかなのに、少なめにやっているから

大丈夫だとたかをくくっていたのは事実。

 

それに去勢すると食欲旺盛になるというのも

知っていたにもかかわらず

真剣に向き合ってこなかった。

というか、私は意志が弱い人間だなと。

 

何事にも・・・。

 

フクの場合のフードの摂取の仕方は、朝起こされてから私が仕事に

行くまでの間で数回に分けて与え、帰宅してから就寝までの間にこれも

数回に分けて与えていてトータルで一日の摂取量を超えないように

することが大事で本当は現在の量より減らさないとダイエットできない。

 

でもなかなか難しいのが現実。

 

一度でもいつもより多く与えてしまうと猫がここまではもらえると

学習するのだろう。猫って学習能力高いんだよね。

 

私の弱点をよく分かっているみたいだ。

 

時には甘~い声でささやくように鳴き、時には怒っていたずら大作戦を

決行したり・・・。今、まさにエサ要求を私が無視していると

ぬいぐるみの ”ブーちゃん" を放り投げております。

f:id:fukutoitumademo:20190224020721j:plain

↑ ↑ ↑ ↑ ↑

*猫の " にゃん太 " はほとんど投げられません!

 にゃん太よりもっと大きい

ぬいぐるみも高~く投げる時もあるので、大きさではないようです(笑)

どちらも猫の好きな匂い(キャットニップ)が中に入れてあります。

 

食事管理の表を作ってみた

 

 A4サイズでフードを与えた時間(アバウト)とサプリメントの種類と量、

トイレに行った時の内容や排泄に問題ないか、体重、一日の食事量合計

その他気が付いた事思った事を記入する

「フク 食事・健康管理日記 」を

作成して毎日記入している。

f:id:fukutoitumademo:20190223141432j:plain

毎日詳細に記入していれば、トイレの回数も一日何回かすぐ分かるし

大便も毎日なのか、一日くらい空くと便秘気味なのかなど

こちらも気にかけるようになり、特に便の色や硬さなども記入していれば

病院に行った時も説明できます。

 

色々先生から尋ねられたとき

私なんかすぐ忘れてしまうので、こうして

かかさず記入をしていれば自分も安心です。

 

何より書くことが意識も高まり、ただ排泄したのを

片付けるだけとは全く違うと思います。

 

フクには時々サプリメントも与えているので与え過ぎもいけないので

前回いつ与えたか記入していることで安心です。

 

記憶ってあんまり頼りにならないし・・・。

これだけは欠かさず書いております。だけど減らないなぁ・・・。