フクといつまでも・・・

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

フクちゃん、この狭い空間の生活を受け入れてくれてありがとう。

私が初めて室内飼いしたのんちゃん

<

 

多頭飼いの際は先住猫へのケアを 決して忘れてはいけない。

 

f:id:fukutoitumademo:20181107005341j:plain

 

 子供の頃から猫は側にいたが私が

完全室内飼いを始めたのんちゃんが

我が家にやってきたのは2002年7月からだった。

 世界の猫図鑑を見ては、ラグドール

がいいとか、アメリカンショートヘア、

ロシアンブルーなど色々検討するのが

楽しくて、でも結局のところは

知人からアメショーっぽい雑種の

生後1~2ヶ月の雌猫を譲ってもらった。

 当時はネットで猫の飼い方など調べる

ということがなく、本を購入して

情報を得ていたので現在ほど知識も

なかったし今までは自由に外へ行き来

出来る猫ばかりで去勢避妊もした事は

なかった。 

 

 のんちゃんは直ぐに噛み付いたり

引っかいたりして私の手足は傷だらけ。

何となく当時を振り返ると、自分の手を

使って遊んでいたような感じはする。

だから手に噛み付くクセがついたんではと

飼い主側の責任なんだと今は理解できるが

当時は何でそんなに噛むのかと思って

過ごしてきた。性格にもよるけれど…。

 直ぐに噛み付くので抱っこもできず

ちょっと寂しいけど、寒くなると

布団の中に入ってきて私の腕枕で眠る

事もあり、嬉しい気持ちになった。

それもいつの間にか布団に入らなくなり

足元やお腹の上でしか寝なくなった。

 今だから分かるが、2009年新入り猫を

迎え入れた事が要因ではなかったのかと・・・。

本当はのんちゃんは寂しい思いをして

いたのではないのかと今振り返ると分かる。

でも、雄猫で歳も7歳違うので母性本能からか

とても可愛がってくれていたし、

お互いをグルーミングしたり一緒に遊び

眠り、面倒見もよかった。

だから布団の中に入らなくなった事など

様々な猫が出すサインに気付いてあげれて

なかったのだ。今更ながら痛感…。

当時の私は遊ぶ事に夢中で猫に十分な

愛情を注いでいなかったと思う。

家族の皆もいることだし私が留守しても

大したことはないと勝手に思っていた。

 餌も要求すれば与え、与えないと直ぐに

引っかいたり噛み付くのんちゃん

だから欲しがれば与えていたので、肥満猫

になってしまった。それでも元気だからと

大して気にもしていなかったのだ。

健康診断も避妊手術をした当時にワクチンと

血液検査をした程度であった。

高齢になっても太ったままの状態となり

小さい足でその体重を支えるのが

大変なのは見て分かる。

ある日、怪我をしていたので

病院へ連れて行った時獣医さんや

スタッフさんを噛んだり引っ掻いたり

して迷惑をかけたりもしたので

それ以降特に具合が悪い様子もないので

病院へ行く事は無かった。

要は面倒くさいと思っていたんだと

今更反省しても、もう遅い。

 

   私は猫の事を知っているつもりで

いたが、猫が発するわずかなサイン

行動を見逃してしまい、理解しようと

しなかったツケが後になって

取り返しのつかない事態となって

しまったのである。

のんちゃんは、もういない…。

 

ペット霊園では 「のんちゃんは

寿命を全うされました…。」

そう言って頂いたのだが、

私がちゃんとのんちゃんの身体の事を

考えていたら、まだまだ生きられたに

違いない…。 私がのんちゃんの

寿命を縮めてしまった…。

室内飼いの猫で15歳は早過ぎる。

 

毎日の排泄のチェック、異常がないか

排泄物をチェックするのが一番の

飼い主の役割なのに、私は

余り気にしてなく、家族の誰かが

やってくれるからと、それを

怠っていた。

元気だから問題ないと解釈していたが

猫というのは、辛くても隠そうと

するのだということを知らずに

放置していたのだ。

2013年12月にフクを保護し、

我が家に3匹目を迎えることとなり

のんちゃんのストレスは更に

増してしまい、結果的に先住猫に

対するケアが行き届いてなかった為

死期を早めてしまったのだと…。

本当に悔やんでも悔やみきれない…。

 

   歳を重ねるにつれ猫たちとの思い出

もだんだんと記憶から消えてしまうのは

嫌だから、今こうやって思い起こし

綴っていきたいと強く思う日々である。

私の母もまた、認知症の症状が出ている

姿を目の当たりにし、いつか私も

そうならないとも限らないので

今やっておきたい…。

そう思う今日この頃。