フクといつまでも・・・

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

フクちゃん、この狭い空間の生活を受け入れてくれてありがとう。

猫の鳴き声の種類

<

 猫の人間とのコミュニケーションツール 

 

 猫の鳴き声。猫飼いさんならお分かり

でしょうが、猫って面白いほど

色んな鳴き方をしますよね。そもそも

猫は本来鳴かないのだそうです。

よくよく考えると、そりゃそうだ!

敵に気付かれちゃうもんね・・・

野良猫が「ニャー!」とかあんまり聞いた

ことないなぁ。

けんかや発情の声くらいかな(笑) 

あとはお腹空いてて人に近寄る猫は

鳴いているけど…。

本来鳴く必要のない猫くん達ですが

人間と生活をするようになって鳴くことで

要求を伝えることを覚えたんだそうな。

これまで獲物を自分で調達しなければ

いけなかったのが、人間が食べ物を

与えてくれるので、猫はただ鳴けば餌を

もらえる事を学習し、恐るべし猫の学習能力

の高さで色んな場面で鳴いては

人間の反応を確認していったのでは

ないだろうか。

 

そうやってお腹が空いた時、遊んで欲しい時

甘えたい時といったふうに鳴き声の

バリエーションが増えていったんだろうね。

 

 猫の色んな鳴き方で伝えたいことがわかる

~これは 我が家のフクの場合です~

  • 高い声を出す時は機嫌もよく

       飼い主に甘えたい気持ち

  「ニャーン!、ニャー!、フニャー!」

      みたいな感じ

    同じ「ニャーン」でもちょっと

        トーンが違うと・・・

    → → 飼い主に要求してもなかなか

      聞いてもらえない時は

   強めに鳴き、猫がイライラし始めます。

   我が家の猫の場合、この状態だと軽い

      猫パンチを浴びせてきます。

    「ねぇ、ちょっとちょっと!」とでも

   言っている感じです。

 

  •    低い声を出す時は " 臨戦態勢 "モード!

   「ウォ~ン、ウ~~、ワオ~ン」

       みたいな感じ

  自身を大きく見せようと腰を高く上げ

       顔つきが怖いです(笑)

       唸り声に凄みがあります。

    誤ってシッポを踏んでしまった時は

 「フ~~っ!」「シャ~っ!」

  など威嚇モードになります。

「 たまにこうなるんだニャ」

f:id:fukutoitumademo:20181018011306p:plainf:id:fukutoitumademo:20181018004147j:plain

  • 高いのと低いのとの中間くらいの

  様々な鳴き声がある。

    

 「ワ~ン!、フンニャ~」

  → → ご飯やかまってほしい時

 猫がよく「ごは~ん!」と言っている

 ように聞こえる時があるのも、

 猫なりにアレンジして いるのかも

 しれないですね。

 

 フクは、たまに名前を呼ばれると

「 ン?」と さも " 何? " って

人間も ん? って言うのと同じように

返事するので笑っちゃいます。

 

  •  窓から外の鳥や虫の動きを

 見ている時は「カチカチ」と

 歯を鳴らしたり、短く「ニャッ」

 と言います。

 

  • ゴロゴロは2種類ある!

  → → 甘えモードやご機嫌いい時のほか、

 実は具合が悪い時もゴロゴロ言うのです。

 先日私も初めて後者のゴロゴロを

 聞きました。そのときの体験は

 別の機会で書きたいと思います。

  

  他にも様々な鳴き方で飼い主さんに

呼びかけて意志表示をする姿は

本当に愛おしい限りです。

 

また、シッポでも気持ちが

非常に判りやすいので

私が参考にさせて頂いた

記事がありますので是非

ご覧になってみて下さい。

  コチラ ↓↓↓↓↓

シッポでわかる猫の気持ち