フクといつまでも

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

昔の猫の飼い方

  子供の頃から猫は飼ってきたが、昔は自由に外を行き来出来て去勢や

避妊手術もせずの状態だった。 

 

まぁ子供だしお金ないし、かといって親がそういう知識も関心もなく

情報もない時代だったので当時はそれが当たり前だと思っていた。

だからいつの間にか猫が帰って来なくなることもあった。 

 

田舎なので亡くなった時は敷地内の畑に穴を掘り埋葬し、墓石の代わりに

その辺にある大きめの石を置いた。

 

当時の家庭の状態では生活費、学費、家のローンもあったであろう…

そもそもペットにお金をかけるという考え自体が

我が家にはなかった。その後も同じように外へ自由に行き来できる

飼い方でいなくなっては次の猫という風であった。

 

 そもそも動物病院は現在は住んでいる地域に多数存在するが

私が子供の頃はめったに見かけなくて昔は犬猫病院と呼んでいた。

 

もともとは産業用の家畜の為に{牛、馬、豚など}開設されたのが始まりなんだとか。

そういえばペット霊園なんかも沢山建ち始めたのは近年ではないか。

 

あ~そうそう、ペットショップだってそうだ。

 

子供の頃木造建ての何とな~く薄暗い雰囲のペットショップで

インコやハムスターなどを親に買ってもらった事がある。

 

 今思うと、親が子供の遊び相手を出来ないから代わりにペットを与える

目的もあったのではないか。

現代では家族同然の存在になっているが昔は人間とペットとの関係は

わりと希薄だった、そんな気がする。