フクといつまでも・・・

四畳半の猫と私の共同生活を綴ります。

フクちゃん、この狭い空間の生活を受け入れてくれてありがとう。

初めての猫の夏のお留守番はエアコンの設定温度に悩む日々。

<

 部屋が狭いためエアコンがものすごく効くので一番高い温度でも

外気温や湿度により暑く感じたり寒く感じたりと様々なので

毎日出掛ける時は設定温度とタイマーを何時に切れるようにするか

本当に悩み、時には心配になり昼休み家へ戻る日もあった。

家の中の部屋を自由に行き来出来る猫ならば寒いと思えば

部屋を移動出来るが、フクの場合は一部屋だけの生活の為 部屋が寒くても

出て行けないので部屋の中で暖かい場所寒い場所を選んで移動して過ごして

いる様子である。また人間の体感と猫の体感も異なるであろうから

余計に悩む所であった。

 それにタイマー設定も入りタイマーと切タイマー両方同時に出来るのが便利

である。当時はそれが出来てかつ空気清浄の役割も果たすエアコンだったので

非常に助かったが急に故障してしまい買い替えで金銭的にケチった為

エアコン選びを誤り入りタイマーと切タイマー同時に出来ず空気清浄機能も

なかったので後から空気清浄機を購入することになった。

 とにかく毎日の1時間ごとの気温が気になり予報をもとにエアコンの

温度設定をして出掛けるので、気温が1度でも変化すると

気になって仕方ない。多少暑いのは気にならないが、寒くて

風邪でもひかせたら大変だから神経を使う。

色んな意味でフクには不便をかけているのでいつも ”ごめんね ”って

謝ってばかりである。

それ以上に "大好きだよ”と伝えているけど伝わっていたら嬉しいな・・・。